愛知県高浜市の創嘉瓦工業株式会社・創嘉興産株式会社では、日本の伝統ある三州瓦のブランド「三州 純いぶし瓦」をはじめ、モダンな和を演出する床瓦「純いぶしタイル 錦」を取り扱っております。

いぶしタイル

  • HOME »
  • いぶしタイル

ibushi_tiles_bn

平タイプ | KAKUHIRA

 

 

 

kakuhira_sekou

参考価格(目安):20,000円~/㎡材料費

IMG_9525_2
規格サイズ表 (寸法=縦 × 横 × 厚さ)
※足の厚みも含んでおります
■400mm×400mm×30mm
■300mm×300mm×30mm
■300mm×300mm×25mm
■250mm×250mm×20mm
■200mm×200mm×20mm
■150mm×150mm×20mm
■100mm×200mm×20mm
■100mm×210mm×20mm

 

角タイプ | SANKAKU

 

 

sankaku

IMG_9534_2
サイズ表
■300mm×420mm×25mm
■250mm×350mm×20mm
■200mm×280mm×20mm
■150mm×210mm×20mm

段タイプ | KAIDAN

 

 

kaidan

300角階段25
サイズ表

■300mm×300mm×25mm
■250mm×200mm×20mm
■100mm×200mm×20mm

殊型タイプ | TOKUSHU

角平足無 サイズ表

■300mm×300mm×25mm

IMG_9527_2

 | HOKA

その他サイズ・窯変色などの特注品も承ります

足付きについてashituki

標準品はこのような形状(足付)になっており、
一部商品では足がない平らなもの(足無)もあります。

製品取扱いについて

  • 施工については、タイル業者様へお問合せください。
    いぶし瓦は経年の変化による黒ずみなどの色変化が発生する場合がありますが、
    これは自然素材であるいぶし瓦特有の現象であり、品質の劣化を伴うものではありません。
  • 焼きもの特有の若干のネジレや寸法のバラツキがある場合があります。
    粘土成分の違いや気圧など気象条件による焼成窯内雰囲気の変化により、
    微妙な色ムラが発生している場合があります。
  • いぶし瓦の表面は数ミクロンの薄い炭素の被膜に覆われております。
  • 養生テープなどの粘着性のものに触れると、はがれる可能性があります
  • のでご注意ください。ただし、品質の劣化を伴うものではありません。

メンテナンスについて

  • 施工後、一週間ほど乾燥させてください。
    もしくは、養生を施し、敷瓦の表面の汚れを充分に水拭きしてください。
  • 敷瓦の表面に塗料等が塗ってある場合は、シンナー等で拭き取ってください。
  • 縁の石や壁及び廻り縁等に養生を施し、敷瓦に植物性油を塗布してください。
    敷瓦の表面が乾いたら再塗布してください。この作業を3~4回繰り返し行いますと、
    表面が黒色になってきます。黒色を早く出す為に油に墨を混ぜる事もありますが、
    油拭きによる黒色の方が味のある色になっていきます。
  • 1週間に1度位油拭きを行い、4~5回繰り返す事によって自然な変化のある黒色になっていきます。
    その後、日頃は乾拭き又は固く絞った水拭きで手入れを行い、
    1か月に1度は油拭きを行うようにしてください。

部材カタログはコチラまで

ibusitiles

※カラーサンプル(90×60×10)をご用意しております。
資料請求その他欄でカラーサンプル要望などと明記してください。
製品見本につきまして送料は有償となります。

 

 

資料請求など、お気軽にお問い合わせください。 TEL 0566-52-2215 受付時間 8:00~18:00 ( 日曜日を除く )

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.